レンタルで訪問着の種類を実感する

訪問着とは、和服の一つであり、女性の略式の礼服にあたります。洋服が普及する前では、多くの女性が、着こなしていました。しかし、現在では、着物を自分で着れる人も減り、日常的に着用されてはいません。結婚式などの何かしらの行事時のみ、着る人もいます。洋服の手軽さや普及によって、影を薄めています。しかし、訪問着の種類は、豊富にあり、女性に飽きさせることなく、着こなすことができます。着物を粋なり購入するのは、ハードルが高いので、レンタルの訪問着を借りてみて、その魅力を感じて貰いたいです。着物の着付け教室もあり、自分で着付けを学ぶこともでき、もっと和服を身近に感じて貰えます。勿論、和服には、洋服に比べて不便な部分も多く、慣れるまで、とても大変です。しかし、洋服にはない、魅力と美しさを兼ね備えているのも、事実です。

訪問着の種類は、どのくらいあるのか

訪問着は、女性が着られる和服ですが、種類もいくつかあることを覚えておきたいですね。秋口から梅雨の時期まで着られる袷や、真夏の暑い時期に着られる薄物、夏になる前と残暑に着られる単衣などがあります。この和服は、女性を華やかに見せる服ですので、結婚式や、お見合い、お茶会、他の家に訪問される時など多くの用途に着ることが出来ます。和服を着る時には、きちんとした着方があるので、女性であれば習っておきたいですね。夏に着られる和服は、生地も薄いので、暑苦しくないです。和服には、さまざまな柄があるので、着られる女性を美しく綺麗にしてくださるので、訪問着としては欠かせないですね。この訪問着は、私たちの国の伝統のものなので、この伝統を長く引き継いでいきたいですね。年代によって着られるデザインを変えることが出来るのが魅力ですね。

訪問着の種類の一つ単衣

訪問着の種類の中に単衣があります。単と名がつく通りに布地一枚で出来ていて、裏地のない訪問着です。裏地に付いた袷を着るには暑すぎで、盛夏用の薄物では季節が合わないという時に着用します。着用季節は洋服では長袖シャツ一枚で過ごせるぐらいの時期です。素材は袷の訪問着と同じで基本は正絹です。他にもポリエステル素材の単衣があります。裏地がないので軽くて袷よりも涼しいというメリットがありますが、柔らかいので着物の線が出にくく、少し着くずれしやすいデメリットがあります。自分で着る時に袷は難易度が高いという人には手軽に着用しやすいです。着用時期は、夏がはじまる6月頃~秋口初旬9月頃までが一般的ですが、最近屋内ではエアコンが完備されている場所が多いので6月あっても屋内の催事の場合には袷を着る人も多いです。温暖化の影響で気温が高いので5月上旬の屋外の催事で単衣を着用する人も増えています。ライフスタイルに合わせて快適な着物選びを行う事がおすすめです。